トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

2015/6/3 (水)

Redux V1.0 リリース

Redux_SS.png

■ Redux のページへ ■

■ 本家フォーラムのリリース・コメント ■

Redux は、Windows/Mac OSX/Linux のマルチ・プラットフォームで動作する、VST/AU プラグインです。

それはサンプラーであり、パフォーマンスに重点を置いたフレーズ・シーケンサーです。Renoise で作ったインストゥルメント(.xrni)をそのまま使う事が出来ます。更にそれは単なる「スモール Renoise」ではなく、少し異なるワークフローを皆さんに提案出来ます。

価格は 58 ユーロ / 65 ドル。但し Renoise の登録ユーザーの方はバックステージから手続きをする事で 40 ユーロ / 45 ドルになります。(V1.0 ~ V2.0 までのライセンスです)

■注■ 当初ユーザー割引が反映されてないという報告もありましたので、注文を確定する前に必ず値段を確認してください。


えっと実を言いますと、最近は僕ものんびり怠惰に過ごしておりましてw、Redux をダウンロードしたのはほんの2~3日前だったんです(;^ω^)。で、少し触ってみて、これはやっぱりクイックスタートPDFの日本語訳は必要だなぁと実感しまして、今日から訳し始めた所です。一週間ほど待って頂ければクイックスタートの日本語訳も出来ると思いますので、もう暫くの猶予をくださいませ。m(__)m


僕が気付いたお薦め機能を簡単に書いておきますと:


2015/3/27 (金)

Redux 予告映像公開

■ Redux のページへ ■



何か久しぶりにここを更新しますが、ようやく動きがありましたね。前回のニュースで Redux に関しては2月くらいに発表される、とか書いてましたが(;^ω^)、もう4月になりそうな…。

Redux に関しては、実は僕もテスターじゃないので今日初めて知りました(しかもKVRの流し読みで気付きました・笑)。この商品は主に Renoise 以外の DAW を使ってる人向けであるという事で、そういう方々にアルファテストを依頼していたようです。なので、スクリーンショットを見る限り、そういう「トラッカー素人」な方に対する配慮がいくつか施されてますね。

まぁ何はともあれ、こんなムービーを作った事自体、結構頑張ってるやん!と思いました(多分このムービー、プロの仕事ですよね)。


2014/12/17 (水)

Glitch 2 半額セール(12/31まで)

■ Glitch 2 のホームページ ■

Renoise と直接は関係無いんですが、普段 Renoise.com のサポートを担当してくれている dblue 氏製作の有名なプラグインです。クリスマス・セールで今なら3000円ほどで買えるみたいですね。

ちなみにこの Glitch 2 は、Renoise のフレームワーク(と言うのかな?)を使って作られているので、見た目もどことなく似てますし、マルチ・プラットフォームで動作します。まぁ正直、デモ版だけでも結構遊べるんですよね。確かにホワイトノイズが定期的に入るんですが、サ~っと綺麗に入るので、それすら効果音の様に聞こえます(そんな事言ってちゃいかんなぁ・苦笑)。

こういう系の音楽を作る方なら楽しめると思いますよ。この機会にいかがでしょうか?


本家フォーラムでちらっと読みましたが、Redux に関する情報は来年1月半ば頃に何か発表されるらしいですね。でもこういうのは大体遅れるので、2月くらいと考えた方が良いのかもしれませんが…(;^ω^)。

もう今年は特に動きは無いのかなぁ?? まぁ、のんびり待ちましょうか。



2014/10/17 (金)

Renoise 3.0.1(バグ修正版)リリース

何だかひっそりと3.0.1がリリースされてました。

■ バックステージへ ■

新機能は無く、完全にバグ修正だけのアップデートのようです。

まぁ一応アップデートしておいた方が良さそうですね。しかし、Redux まだかなぁ…。 [worried]


2014/8/27 (水)

Renoise(関連ファイル)ダウンロード・ページ

どうやら本家の英語フォーラムに "Downloads" というページが開設されたようです。

■ Downloads ページへ ■

■ Downloads の利用に関してのトピック ■

ここは、Renoiseで作った関連ファイル(インストゥルメント XRNI 、曲ファイル XRNS 、等々)をユーザー同士が共有できる場所です。

まだ小変更があるかもしれませんが、一応こんな感じです。まぁ、以前にも有志の方がこういう試みをされていた事がありますが、今回は公式なので充実していくと良いですね。


2014/7/12 (土)

SDCompo Round85開始

 ■ SDCompo のページ ■

いつものようにRound85が始まっています。今回は "dexed" というVSTiをメインにしたラウンドです。DX7等のFM系のシンセみたいですね。サンプルパックには生のドラム音が一式入っているだけです。ボーカルや自分で録音したサンプルは許可されています。

また、VSTエフェクターの "tal reverb III" と "TDR Feedback Compressor II" は使用OKとされています。

上記以外の細かなルールに関してはSDCompoのルールというページを見てください。締切は8月5日です。


2014/6/5 (木)

SDCompo Round84開始

 ■ SDCompo のページ ■

いつものようにRound84が始まっています。今回はサンプルパック主体のラウンドらしくて、シンセとか手書きの波形などは使えないルールです。サンプルパックには、「チャララララン」とか、ちょっとしたフレーズになってる生音系の鳴り物が多いかなぁ。ボーカルや自分で録音したサンプルは許可されています。

また、VSTエフェクターの "tal reverb III" と "TDR Feedback Compressor II" は使用OKとされています。

上記以外の細かなルールに関してはSDCompoのルールというページを見てください。締切は6月30日です。


2014/5/4 (日)

SDCompo Round83開始

 ■ SDCompo のページ ■

いつものようにRound83が始まっています。ちょっとRenoise 3.0のリリースの方に気を取られて、2回ほど告知を飛ばしてしまいましたね、すみません。正直気付いてはいたんですが、ショートラウンドだし、まぁいいかなぁ~と思って・・・(^^;)。

で、今回は王道のラウンドで、サンプルパックにも色んな音が入っています。ちょっとKick音とかが少ないかもしれませんが、自分で録音したものや手書きサンプルも許可されているので、そんなに困らないでしょう。

また、VSTエフェクターの "tal reverb III" と "TDR Feedback Compressor II" は使用OKとされています。

上記以外の細かなルールに関してはSDCompoのルールというページを見てください。締切は5月23日です。


ようやく、2年振りぐらいの大きなリリースのゴタゴタ期間も過ぎまして、のんびりした平常運転に戻りました。本家はまだお休みモードな感じですが、個人的にはこの位の方が性に合っています。 [wink]


2014/4/19 (土)

Renoise 3.0 日本語マニュアル公開

■ Renoise 3.0 日本語マニュアル ■

何かヘトヘトになりながら、ようやく解放される時を迎えられました。お陰様で、まあまあちゃんと出来たんじゃないかと思っています。今後もこっそり小変更はあるかもしれませんが・・・(笑)。


Renoise 3.0 と Selection Shaper Tool を使った手作りシンセシス



久しぶりにムービーを作ってみました。Selection Shaper は、ここのフォーラムで Uprime22 さんに公開して頂いているツールなんですが、非常に Renoise 3.0 と相性が良いと思っていまして、折角だからこの組み合わせでムービーを作っておこうと思いました。

多分、初心者向けな内容ですが、何となく面白さは伝わると思うんですけど・・・どうかなぁ(;^ω^)。



2014/4/10 (木)

Renoise 3.0 正式版リリース

v3.png

昨日の夜にリリースされてましたね。ベータ期間が3ヶ月半くらいありましたか。絶賛と苦言と入り乱れて大変だったと思います。僕は外から見てただけですけど、「あれ付けて、これ付けて」と連日の書き込みでしたし。まぁ、それだけRenoiseも注目されるようになったって事かな~と思っています。

僕は個人的には、Renoise 3.0 は非常に良くなったと思っています。ベータ期間中に付けられた部分も理に適っているし、新しいレイアウトがより使い易くなりました。これから初めて Renoise 3.0 に触れる方もおられるでしょうけど、最初はあまりのユニークさに戸惑うと思います。でも、徐々に味が分かってくる改良なので、長い目で付き合って頂けたらなぁと思います。

そして、まだこれで終わりでなく、今後はまず Redux という Renoise 3.0 のサンプラー部分だけをVSTi化したような物の開発が始まります。それに向けて、少しの間、開発者も休暇を取るみたいです。ゆっくり英気を養ってもらいたいです。「お疲れ様」って感じですね。 [wink]

レジストユーザーの方はバックステージからダウンロードしてください。

http://backstage.renoise.com/

デモ版はこちら。

http://www.renoise.com/download

Windows と Linux ユーザーの方で、まだ "ベータ版" をインストールされている方は、正式版をインストールする前に必ずベータ版を一旦削除してください。そうしないと、同梱されているデモソングやサンプル・コンテンツが混在してしまうそうです。

それと、やはり Renoise の値段が 65ユーロ に改定されました。1000円ぐらいの値上がりかな。今後 Redux VSTi が開発されますが、それは多分50ユーロくらい(Renoise 正規ユーザーなら半額の25ユーロ)だったように思います(この辺は未定ですが)。



Renoise 3.0 の新機能に関しては以下のページにまとめてあるので、まだ見ていない方は参照してください。

Renoise 3.0 の新機能について

そして、こちらが日本語マニュアルです。まだ更新作業中で、第1章、第2章までしか読めない状態ですが、一通りの新機能は確認できると思います。完成までは、もう少し(あと1週間くらい?)時間をくださいませ。

■ Renoise 3.0 日本語マニュアル(工事中) ■


ところで、今回は見切り発車の様相が強くて(休暇の日程が絡んでたらしくて)、本家ですら全然リリースの準備が整ってないんですよね。ウチより出来てないんちゃうかと。大丈夫かぁ?って感じですけども・・・(;^ω^)