Top / NEWS!! トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


<< 2017.5 >>
[NEWS!!]
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
NEWS!!/2017-05-29?は空です。

2016/1/13 (水)

Renoise 3.1 正式版リリース


31_final.png


遅ればせながら、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

もっと年明け早々に来るのかな?と思ってたら、2週間過ぎましたね。ようやく 3.1 正式版リリースです。

http://backstage.renoise.com/(レジスター版)

https://www.renoise.com/download(デモ版はこちら)



今回は宣伝ムービーとかは無いのかなぁ? 確かに「これ、どや~っ!」ってビックリするような新機能は無いんですが、確実に進化・熟成されていると思います。既にリリースされていた Redux VST/AU サンプラーの機能が、母体である Renoise と融合した、という感じでしょうか。個人的にはかなり評価してますけどね。良いですよ、今回のアップデート。

解説するのに苦心したので、もう一回フレーズの解説ページだけは推しておこうかな(笑)。読んでくださいね。 [smile]


■ Renoise 3.1 日本語マニュアル ■

Renoise 3.1 の新機能に関しては以下のページにまとめましたので参照してください。

Renoise 3.1 の新機能について



2015/12/30 (水)

Renoise 3.1 RC2 公開

もう今年も残り1日ですけど、これが最後の RC 版だと思います。dblue 氏のデモ曲が一曲追加されたのと、プリセットを幾つか弄ってあるみたいです。なので、RC1 をアンインストールしてから RC2 をインストールしてください、との事です。

個人的にちょっとズッコケたのが、一生懸命マニュアル用にキャプチャしたデフォルトのテーマ(画面色)が何か変わってる気がする・・・(◎_◎;)。僕が勘違いしてたのかなぁ??とも思ったんですが、でもそれだと僕があの色を選ぶ理由が無いしなぁ。やっぱり直前で差し替えになったんじゃないかと。。。やっと目に馴染んで来てただけに「これとちゃうんかいっ!」って言いたくもなりますが、まぁ仕方ないですね・・・(苦笑)。

それと今回はデモ版がまだ来ないですねぇ。この調子だと、多分正式版リリースまでデモ版は来なさそうです。まぁ年明けのいつになるかはわかりませんが、もう数日で正式版が来ると思いますので、暫しお待ちください。では良いお年を!

http://backstage.renoise.com/(レジスター版)



■ Renoise 3.1 日本語マニュアル ■

Renoise 3.1 の新機能に関しては以下のページにまとめましたので参照してください。

Renoise 3.1 の新機能について



2015/12/19 (土)

Renoise 3.1 RC1(リリース準備版)公開

え~っと、フォーラム見てると色々要望は途切れないみたいですけど、とりあえず今回はここまでという事で、3.1 RC 版が公開されました。今見たところデモ版がまだ公開されてないみたいですが、多分近日中に来ると思うんですけどねぇ? 正式版リリースは、クリスマス休暇までには間に合いそうになく、年末か年始になるようです。

http://backstage.renoise.com/(レジスター版)

https://www.renoise.com/download(デモ版はこちら。近々公開される?はずです)



で、まぁ僕的には日本語マニュアルの更新が一通り終わったのが嬉しくて、これで心置きなく年を越せます(笑)。僕は作業が遅いし気分屋なので、どうしても3週間くらいは掛かってしまいます。やる前はす~ごく嫌なんですけど(;^ω^)、終わるととても気持ちが良いんですよね。

そして毎回そうなんですが、やる前とやった後では新型 Renoise への印象が変わります。今回は特に「フレーズ機能」の印象が変わりました。実は前回の V3.0 のフレーズ機能って僕はほとんど使ってなかったんですよね(そんなに曲も作って無かったですけども…汗)。

今回も当初は何だか難しいし使わないと思ってたんですが、四苦八苦して解説ページを作ってみて、「これは良い物だ」と思えてきました。これほどユニークで複雑な物がしっかりと作り込んであって、破綻なく動きます。ドイツ気質みたいな物さえ感じます。皆さんも最初は難しく感じると思いますが、結構苦労してフレーズの解説ページも追加しましたので、一度読んでみてください。もちろん他にも色々変わった部分はありますよ。 [smile]


■ Renoise 3.1 日本語マニュアル ■

Renoise 3.1 の新機能に関しては以下のページにまとめましたので参照してください。

Renoise 3.1 の新機能について



2015/12/5 (土)

Renoise 3.1 beta6 リリース

いつものようにベータ版はレジスト・ユーザーしかダウンロード出来ません。バックステージからダウンロードしてください。

http://backstage.renoise.com/

そろそろバグ報告も少なくなり、ベータも終盤になってきた感じです。

■ 変更点 ■

  • バンドル・コンテンツ(ファクトリー・プリセット)の XRNI の内容がリファインされました。ほとんどは新規で作られた物で、いくつかは Redux リリース時(つまりベータ5まで)にバンドルされていた物からの流用です。サンプラー画面の「Instrument Presets」ブラウザから開ける他、ディスク・ブラウザ画面の Instrument カテゴリーでライブラリー・アイコンを押せばアクセスできます。もし古い物と混ざるのが嫌なら、ベータ5をアンインストールしてからベータ6をインストールしてください。まぁ、むしろ混ざっても良いように思いますが。
  • フレーズの "オートシーク機能":サンプラーのフレーズ編集画面を開くと、下部ツールバーに [Autoseek] ボタンがあります。デフォルトで有効になっています。

    長いサンプル(ボーカル WAV 等)を曲のどこからでも再生出来るようにする「オートシーク機能」というのがありますが、フレーズに対しても、それと同等の事が出来るようになりました。例えば、パターン・エディターで、パターン1の先頭にフレーズをトリガーする C-4 が入力してある場合、データが何も入力されていないパターン2以降から曲再生を始めてもフレーズが鳴り出す、という機能です。

    ただ、注意点があります。フレーズに対するオートシーク作動中には、フレーズ自体に貼られているサンプルのオートシーク機能は無効になります。もちろん、フレーズが一回りして、再びそのサンプルがトリガーされれば鳴るんですが・・・(この説明で伝わってるかどうか不安です。ちょっとしたカオスですねw)。これは、演算処理速度が追い付かなくなってしまう恐れがあるから、だそうです。
  • CPU パフォーマンスの見直し。オートシークの演算処理とも関係があるようです。
  • 環境設定パネルの MIDI 欄に、"Auto-rescan when hot-plugging devices" という項目を追加。ホット・プラグっていうのは、USB デバイスを PC に差し込んだら、Renoise 起動中でも直ぐにデバイスを認識してくれる機能です。今までこの機能は有効になっていたんですが、必要の無い MIDI デバイスのリスキャンが何度も行われる、という報告が数人のユーザーから寄せられていました。もしそういう症状が起こる場合、この設定をオフにしてください。
  • その他、フォーラムで議論された小さな改良が幾つか施されています。(トピック・タイトルに [done b5] というマークが付いている物。)


もし、このまま大きな問題が無い場合は、次に Release Candidate 版(リリース準備版)が来るそうです。ですからもうこれ以降は、新機能の追加等は無さそうです。 年末年始辺りに正式版リリースを目指しているそうです。

まぁ僕も一応、マニュアルの見直しを始めていますが、相変わらずエンジンが掛からず、まだ半分も行ってなくて公開もできません(;_;)。当たり前ですが、機能が増える毎にページも増えていくので、めんどくせぇ~って感じでダラダラやってます。ってゆ~か、フレーズ機能って難し過ぎるやろ~って気もするんですけどねぇ・・・そこは敢えて深入りせずにまとめようかなぁ~、とか思ったり・・・(´ω`*)。



Renoise 3.1 の新機能に関しては以下のページにまとめましたので参照してください。

Renoise 3.1 の新機能について

それと、恐らく Redux のクイックスタート PDF が役立つと思います。サンプラー部分は機能的にほぼ共通しているので、Renoise ユーザーの方にとっても十分に参考になるチュートリアルが載っています。

■ Redux クイックスタートPDFの日本語版 ■



2015/11/17 (火)

Renoise 3.1 beta5 リリース

いつものようにベータ版はレジスト・ユーザーしかダウンロード出来ません。バックステージからダウンロードしてください。

http://backstage.renoise.com/

今回もいくつかのバグが修正されています。ちょっと間が空いたのは、OSX El Capitan への対応が必要だったかららしいです。Mac ってこういうクリティカルな変更が時々ありますねぇ…(;^ω^)

■ OSX El Capitan に関する修正 ■

  • Ableton Live 等との ReWire 接続が壊されるバグの修正。これは Renoise 3.0 以前のバージョンでも起こるらしいです。とりあえず直っているはず、との事。
  • プラグイン・ブリッジが動作しなくなる問題の修正。
  • El Capitan でのフルスクリーン・モードの扱いに小変更あり(全てのアプリで、最大化ボタンを押すとフルスクリーン化する?)


■ その他の変更点 ■

  • フレーズ番号が16進法表記(HEX)になりました。これは 0Zxx(パターン・エディターからフレーズを切り替えるコマンド)を使い易くする為です。
  • メトロノームのライン設定が曲毎に保存されるようになり、メインメニュー >> Song >> Song Options パネル内に移動しました。
  • Renoise 各所(キーゾーン画面や、Key Tracker デバイス等)にあるノート名を入力する数値欄で、ノート名をダッシュ無しで手入力出来るようになりました。"c4" と入力するだけで "C-4" に変換されます。
  • オートメーション画面で、"Alt + マウスホイール" でスクロール出来るようになりました。
  • [Windows]: Renoise起動時のプラグインのスキャンがかなり速くなりました(Windows Defender やウイルス・ソフトをバイパスするので)。ですが、初めてプラグインをスキャンする場合だけ、余計にキャッシュ情報が必要になったので、以前より時間が掛かるかもしれません。
  • Multitap と Delay デバイスに関して、当初のベータ版ではディレイ・タイムを変化させた時にジッパーノイズが鳴らないような改良を加えてあったのですが、昔のようにノイズが鳴る方が良いという意見が多かったので、以前と全く同じ挙動に戻されました。将来的には、両方の挙動が選べるような新しいデバイスを追加する予定だそうです(3.1では実装見送り)。
  • "Auto Capture Instrument" の設定に関して、当初のベータ版では Renoise の起動毎にリセットされていたんですが、これも昔のように設定を記憶する方が良いという意見が多かったので、元に戻されました。



Renoise 3.1 の新機能に関しては以下のページにまとめましたので参照してください。

Renoise 3.1 の新機能について

それと、恐らく Redux のクイックスタート PDF が役立つと思います。サンプラー部分は機能的にほぼ共通しているので、Renoise ユーザーの方にとっても十分に参考になるチュートリアルが載っています。

■ Redux クイックスタートPDFの日本語版 ■



2015/10/25 (日)

Renoise 3.1 beta4 リリース

いつものようにベータ版はレジスト・ユーザーしかダウンロード出来ません。バックステージからダウンロードしてください。

http://backstage.renoise.com/

今回もいくつかのバグが修正されています。地道にバグ出しって感じですね。

■ 変更点 ■

  • パターン分割オプション(Split)の追加。パターン画面上での右クリック・メニュー >> "Pattern" >> "Split" 、又は ショートカットキー [Ctrl + Alt + K/J](K が分割で、J が結合)。
  • Meta デバイスのドロップダウン・メニュー上部に検索ボックスが復活しました。
  • サブ・メニューのクリック時の振る舞いを元に戻しました(注:すみません、これ意味が分かりませんが、それほど大きな事じゃないと思います)。
  • シーケンサー画面での MIDI マッピング項目が増えたそうです。[Seq. Triggering:Schedule] [Seq. Looping:Section] 等々。



Renoise 3.1 の新機能に関しては以下のページにまとめましたので参照してください。

Renoise 3.1 の新機能について

それと、恐らく Redux のクイックスタート PDF が役立つと思います。サンプラー部分は機能的にほぼ共通しているので、Renoise ユーザーの方にとっても十分に参考になるチュートリアルが載っています。

■ Redux クイックスタートPDFの日本語版 ■



2015/10/17 (土)

Renoise 3.1 beta3 リリース

いつものようにベータ版はレジスト・ユーザーしかダウンロード出来ません。バックステージからダウンロードしてください。

http://backstage.renoise.com/

え~っと、ベータ2も数日前に出ていたんですが、それほど大した内容でもなかったので、告知を1つサボりました(;^ω^)。ベータ2、ベータ3共に、本家フォーラムに報告された幾つかのバグ修正が主な内容です。

■ 変更点 ■

  • MIDI ジェネレーター(アルペジエーター等)の MIDI 出力を他のインストゥルメントに繋ぐ時に、Plugin 画面の "MIDI Routing" 欄を開きます。そのリスト内で、アルペジエーターよりも上に表示されているインストゥルメントと結線しようとした場合(本来、下に表示されている物にしか MIDI 出力を送れないので)、ダイアログが開いて「自動的に並び順を変更します。よろしいですか? Yes/No」というメッセージが表示されるようになりました。何人かアルペジエーターのルーティングで混乱してる人がいたので、その対策だそうです。
  • アドバンスト・エディット画面の "Content Mask" 欄の効果(コラム単位の範囲指定)は、アドバンスド・エディット・パネルが開いている場合にだけ効力を発揮するようになりました。Renoise 3.1 のパターン画面では、非常に細かく選択範囲を(Alt を押しながら)マウスで指定出来るようになったので、基本的にはそちらを重視するようになりました。ただ、今まで通りの AD 画面でのマスク操作も残して欲しいという声があったので、AD 画面が開いている場合に限り、そこのマスク設定が優先される事になりました。



Renoise 3.1 の新機能に関しては以下のページにまとめましたので参照してください。

Renoise 3.1 の新機能について

それと、恐らく Redux のクイックスタート PDF が役立つと思います。サンプラー部分は機能的にほぼ共通しているので、Renoise ユーザーの方にとっても十分に参考になるチュートリアルが載っています。

■ Redux クイックスタートPDFの日本語版 ■



2015/10/11 (日)

Renoise 3.1 beta1 リリース


31_beta.png


Renoise 3.1 ベータ版のリリース・ノート

いつものようにベータ版はレジスト・ユーザーしかダウンロード出来ません。バックステージからダウンロードしてください。

http://backstage.renoise.com/

ど~もお久しぶりです。最近は僕もマイペースと言いますか、自分のやりたいように過ごしておりまして(ペンタブレットで絵を描く練習とかしています・汗)、Renoise に関しては暫くご無沙汰でした。ですから、皆さんと同じく、昨日ベータテストが始まった事を知りました。

新機能リストを訳しながら初めてそれらの機能を触ったんですが、今回のバージョンアップは地味ながら良いですね。Renoise 3.0 と Redux という、少しごちゃごちゃした開発を経て、ようやくそれらの機能が結実したような印象を受けます。じわじわと称賛されるような更新ではないでしょうか。 [bigsmile]


Renoise 3.1 の新機能に関しては以下のページにまとめましたので参照してください。

Renoise 3.1 の新機能について

それと、恐らく Redux のクイックスタート PDF が役立つと思います。サンプラー部分は機能的にほぼ共通しているので、Renoise ユーザーの方にとっても十分に参考になるチュートリアルが載っています。

■ Redux クイックスタートPDFの日本語版 ■



2015/6/27 (土)

Redux 1.0.1 リリース

報告があったバグを修正したメンテナンス・リリースだそうです。

■ リリース・ノート ■

■修正■

  • Logic, OSX: Audio Unit のマルチアウト版(12ステレオ出力)が使用出来なかった問題を修正。
  • Logic, OSX: Redux を使用した曲を再読み込みした時、プリセットのグローバル音量が [-INF] になってしまう問題を修正。
  • フランス語キーボードで、フレーズ編集時に "M" の入力が出来なかった問題を修正。
  • Cubase, Windows/OSX: transport sync option(??)が有効な場合("Demo" というファクトリー・プリセットの事らしいです)、クラッシュする問題を修正。PDCが有効で 0.0.0 から再生した場合に起こったそうです。
  • Samplitude, Sequoia (Magix Hosts), Windows: Redux の編集画面でキーボード入力が出来なかった問題の修正。
  • ホストDAW と Redux と表示を切り替えした場合に、Redux のエフェクター・リスト内に使用不可のエフェクター(ReWire デバイス等)が表示された問題の修正。

■変更■

  • XRNL ライブラリ・ファイルは Redux の画面上へドラッグ&ドロップするとインストール出来ますが、プリセット・セレクター画面の "Load" アイコンでもインストール出来るようになりました。
  • XRNL ライブラリ・ファイルのインストールが完了すると、どんな種類のコンテンツがインストールされたかを表示するダイアログが開くようになりました。
  • サンプル・リスト画面上部にある "auto-select-sample" ボタンがアニメーションするようになりました(サンプルがトリガーされた瞬間に矢印がピクっと動くだけみたいです)。また、オート・セレクションは少し動作が賢くなりました(現在選択中のモジュレーション・セットを可能な限り変更しないように…??)。
  • とても巨大な SFZ ファイルを読み込んだ場合、「Redux は RAM にサンプルをロードしますよ」という注意メッセージが表示されるようになりました。またそういったケースでのアウト・オブ・メモリー・エラーを上手に処理するようになりました。
  • SFZ の seq_length (sample cycling) と lo/highrand (round robin) という指令は、Redux の キーゾーン画面の Overlap 設定の "Cycle" と "Random" に(可能な場合のみ)変換されるようになりました。



ちなみにクイックスタートの日本語訳はこちらです(先日の物と変更はありません)。

■ Redux クイックスタートPDFの日本語版 ■



2015/6/11 (木)

Redux クイックスタートPDFの日本語版(仮)

多分、次のアップデートの時に Renoise.com にもアップロードしてもらえると思うんですが、とりあえずの訳が完成したので、ここに置いておきます。何も問題が無ければ、これで完成だと思います。

■ Redux クイックスタートPDFの日本語版 ■

こういう翻訳の作業って楽ではないんですが、必ず気付かなかったような機能が発見出来たりするので、やって損は無いんです。皆さんも一度、目を通してみてください。何か発見があると思いますよ。 [wink]



Last-modified: 2008-02-02 (土) 14:21:26 (3403d)