Top / Ubuntu Studio 導入ガイド (日本語化) トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


関連コラム

Ubuntu Studio 導入ガイド (日本語化)

"Ubuntu Studio" を検索してこのページへ来られた方へ。

Ubuntu Studio のインストール方法や各種設定については、Ubuntu 日本語サイトのTipsに詳しい解説ページが出来ました。

■ Ubuntu Studio に関するTips ■

上記の各ページを参照してください。インストールの手順や日本語化の手順など、必要な情報は網羅されていると思います。





Renoiseに関する設定

 Renoiseはリポジトリにはありませんので、Renoise.comのダウンロード・ページからLinux版をダウンロード&解凍して使ってください。

 Renoiseはシェアウェアですが、Linuxデモ版の機能制限はWAV書き出し機能が使えないだけです。オーディオ録音や曲のセーブは出来ますので、是非一度試してみてください。多分、デモ曲を聴くだけで「一味違う」音楽ソフトだという事がわかっていただけると思います。

Renoiseのインストール

■ シングル・ユーザー用 ■

 この場合は普通にダウンロード・ファイルを解凍して、フォルダの中にある『renoise』というアイコンをダブルクリックするだけ。 インストールというか、単なる起動ですね。

SS4.png

■ 全ユーザー用 ■

 [アクセサリ]>>[端末]を開きます。 例えば、/home/ユーザー名/というディレクトリに解凍したRenoise_2_x_x_Demoフォルダがある場合、端末に次の順番で入力します。

$ cd /home/ユーザー名/Renoise_2_x_x_Demo
[エンター]を押す
$ sudo sh install.sh
[エンター]を押す
パスワード入力:

 これでインストール完了です。

$ renoise
[エンター]を押す

でRenoiseが起動します。また、[サウンドとビデオ]>>[Renoise]からでも起動できます。

 アンインストールする場合は、

$ cd /home/ユーザー名/Renoise_2_x_x_Demo
[エンター]を押す
$ sudo sh uninstall.sh
[エンター]を押す
パスワード入力:

です。

VSTについて

Linux版VSTの使い方

 Renoiseは "Linuxにネイティブに対応したVST" は使用出来ます。しかし、Linuxに対応しているVSTというのは数えるほどしかありません(■ KVRのプラグイン・リスト ■)。私が試した所では、Discovery や Aspect というシンセがいい感じでした(どちらもシェアウェアです)。

 また、■ JUCETICE ■ というサイトにいくつかフリーのLinux版VSTが公開されています。"download binary" をクリックすればダウンロード出来ます。

 一応、RenoiseがデフォルトでサーチするVSTパスは、

/usr/lib/vst
/usr/local/lib/vst
~/.vst  (/home/ユーザー名/.vst の事)

の3つだそうです。rootでログインするかsudoコマンドを使ってvstフォルダを作ってください。何のこっちゃわからん方は、Linuxの基本コマンドをネットで検索してみるとわかると思います。基本的には拡張子が "ファイル名.so" となっているファイルをVSTフォルダに入れるだけですが、それぞれのVSTのインストール方法はそのVSTの取扱説明書を確認してください。

 また、初期状態ではRenoiseの環境設定パネルのプラグイン欄のVSTスキャン・ボタンがオフになっているので、オンにしてください。それで使えるようになるはずです。

discovery.png

Windows版VSTの使い方

さらにどうしてもWindows版のVSTを使いたい方は、自己責任でトライしてみるのもいいでしょう。

■ [Linuxメモ] VSTに関するリンク集 ■

僕も全然詳しくないのですが、以前調べたものをメモ程度に書きとめてあります。結局、Windows版のプログラムをLinuxで動作させるには Wine というものを使うのが大前提です。それプラス、FeSTige 又は DSSI-VST というVSTローダーというか特殊なプログラムを使います。


参考ページ

■ 本家Tutorial Setting Up Linuxページ ■

■ Alsa ドライバ・ダウンロードページ ■

■ Ubuntu 日本公式サイト ■


written by satobox

Last-modified: 2010-05-03 (月) 15:22:36 (1603d)